FC2ブログ

PAGE-TOPPREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1マス進む→ふりだしに戻る

今まで殆どランスを手にしたことがなかった自分。

剛槍を手にしたことがきっかけで、にわかランサーへと覚醒して以来

ランス上達を目指して、たまに沼地でテオ相手に立ち回るということを続けていましたが

41テオは終始火事場で討伐できる程度の余裕が出てきました。


ならば、そろそろステップアップすべき頃合いではないかと思い

クエストのランクを上げてみることに。

獄炎の砂漠、ソロで71テオ・テスカトル。

mhf_20091107_192508_910.jpg

普段は何かと轢かれることが多い自分。

フフフ…しかし成長を遂げた今、もはや過去の自分とは一味違うのですよ。

「今日はこちらから轢いてくれるわ!!」

どんな成長を見せるのかと思いきや…

無謀にも突進でつっこむ、にわかランサーにしてボケハンター。

mhf_20091107_193121_358.jpg

いつもなら、ここで「ぐふぉ!!」などと言いつつ確実に返り討ちにされているところですが

ボケはボケなりに学習したらしく、そこはしっかりガードで対応。

ランスを使うようになってから、いつものノーガード近接の削り合いとは違い

ガードを使うことで我慢する狩りを覚えた様子。

あせらず、じっくり部位破壊を狙うことが出来るように。

mhf_20091107_193552_439.jpg

炎龍の宝玉欲しさに、必死で身につけたという尻尾の斬り落とし技能。

「さぁ!今日こそはこの目に燦然と輝く宝玉の姿を見せたまえ!」

精神統一した後、厳かに尻尾の剥ぎ取りを行うと…

「おお!これはまさに夢にまで見た…!」




炎王龍の甲殻。




夢の中でさえ、これが出るくらいの悲しき常連素材。

やぁ、また会えたね……。

さて、そんないつも通りの運の無さを発揮しつつ、肝心のテオはというと…

mhf_20091107_194322_063.jpg

予想に反して、無難に討伐。

相手が上位テオなら、死ぬことなく討伐出来る程度にはなったようです。

ん?『テオなら』……?

ちょっと待て…今なにか重要なことに気付いたような…。

しまった…!!

今までランス上達のために、ソロで練習してきた自分。

その相手って、テオばかりだったような…?

いや、むしろほぼテオしか狩ったことがない

つまり、他のモンスターに対しては初心者に等しいわけで。

現にオオナズチのクエストに出掛けてみると、討伐は出来るものの

なかなかの酷い削られっぷりでした。

うっかり、にわかランサー。

一流ランサーへの道は、険しく遠い。
スポンサーサイト

| クエスト | 04:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://xexel.blog68.fc2.com/tb.php/97-07b4d87b

TRACKBACK

PAGE-TOPPREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。